HOME > DENTALコラム > 親知らず 抜歯治療が選ばれる理由 - DENTALコラム

親知らず 抜歯治療が選ばれる理由 - DENTALコラム

The following two tabs change content below.

Dr. HD

【経歴・実績】 日本歯科麻酔学会認定医 インビザライン認定ドクター 静脈内鎮静法が得意です。歯科が苦手や怖いという方でも安心して治療が受けられるように努めます。 【趣味】 ・旅行 ・料理

親知らず 抜歯治療が選ばれる理由

 

親知らず 残っているとどうなるの?その影響についてという記事を以前出しました。
今回はその残っている歯の治療についてお話してみたいと思います。
残っている親知らずは治療法として、抜歯が選ばれる事が多いです。
これは、横向きで埋まっている親知らずに限った事ではありません。
では他の歯と違い、何故、抜歯が選ばれる事が多いのでしょうか?
それは親知らずの特異なところに原因があります。
その特異点について下記に列記してみました。

「虫歯になりやすく治療が困難」
「歯の根っこの治療が困難」
「生える時期が遅く不必要となる可能性が高い」
「歯が延びてきやすい」
「深い位置にある事が多い」
「隙間ができやすい」
「親知らずが感染して、感染が拡がりやすい」

・・etc.
このように、親知らずは上記のような特異的な特徴があります。
この事が抜歯が選ばれる理由となっているのです。
では、それぞれについて解説していきましょう。

 

虫歯になりやすく治療が困難


図1 親知らずの虫歯のお掃除

親知らずは虫歯になりやすい歯です。それには理由があります。他の歯に虫歯のない方でも
親知らずだけは虫歯の方もいらっしゃいます。
親知らずは奥の方にあるうえ、生え方も様々である為、磨きにくく、汚れが溜まりやすく、細菌が繁殖しやすい事が挙げられます。
また親知らずは、虫歯になってしまうと、歯茎にうまっていて虫歯の治療が様々な理由で困難になります。
歯茎に埋まった歯を専門的には歯肉縁下齲蝕といいますが、こちらは抜歯の適応となっています。
勿論、歯肉縁下齲蝕でも状態やご要望によっては残す事もありますが、これは何らかのメリットが考えられる
場合で、一般的にメリットのない場合が多く、特に親知らずではその兆候が強いです。

 

歯の根っこの治療が困難


図2 根っこの治療が困難

親知らずは虫歯になると、虫歯の治療が難しい上、不潔になりやすく、神経に虫歯の菌が感染してしまう
可能性が高く、根っこの形態も複雑で、奥の方なので根っこの治療が困難なものとなります。
その為、かなり精度の高い治療を行わない限り、結果として神経から感染が拡がってしまいます。
痛みや炎症の拡大がみられると結果として抜歯となる可能性が高くなります。
特殊な場合を除いて必要意義の少ない親知らずをここまでして残すという意義が
あまり感じられないと思います。

 

生える時期が遅く不必要となる事が多い

図3 不必要になりやすい

親知らずは他の歯が生えそろってから生えてきます。
サッカーで例えると、ベンチは先輩たちで満席なのに、遅れてきた大型新人が何食わぬ顔で
強引に割り込んで座ろうとするようなものです。
親知らずは強引なことが多く、少しでもスペースを見つけて割り込もうとしてきます。
斜めに生えてきたり、横向きに生えてきたり、歯茎を腫らすこともあります。
周囲に歯や骨にも影響を与えることもしばしばです。
結果として、抜歯以外の治療での改善が難しくなってしまいます。

 

歯が延びてきやすい

図4 歯が廷出する

親知らずは対合の歯(上と下で互いに咬みあう歯)がない場合が多い為、
延びてくる場合が多いです。延びてきた歯というのは粘膜にあたって口内炎になったり、
あたる必要のない歯にあたったりして咬みづらくする事が多いです。
延びてきた歯というのは削るなどの対応が必要になる事が多いのですが、
他の歯が充分にある場合は不要となってしまいます。
結果として抜歯が選択される事になります。

 

深い位置にある事が多い

図5 埋伏歯

親知らずは前述した通り、生える時期が遅い為、
埋まった状態になっている事が多いです。
埋まった歯というのは膿の袋を形成する事もありますし、
深い位置にある下顎の神経を刺激する事もあります。
生えていないからといっても油断は禁物です。
怪しいと思ったら治療を検討する必要がありますが、
やはりこの場合、抜歯が選ばれます。

 

隙間ができやすい

 

図6 隙間ができやすい

親知らずの周りの歯茎は炎症によって溶けやすく、親知らずと歯茎の間の隙間を作ってしまう事があります。
そこには食べ物がつまりやすく食べ物が原因で痛みや炎症を起こしてしまう事があります。
歯茎の穴は自然になくなるという事はありませんので、やはり原因となる歯を抜歯をしないと
難しくなります。

 

親知らずが炎症を起こして炎症が拡がりやすい

 

図7 炎症が拡がる

親知らずは一番奥で綺麗に生えてこない事が少ない分、他の歯と比べて、
炎症などの問題を起こす事が多いです。
また一度起った炎症は拡がりやすく、他の場所に飛び火してしまう事があります。
炎症が拡がると、親知らずの治療だけでは済まなくなり、
炎症の治療(炎症の強い部分を切って膿を出す治療、点滴治療、炎症のある場所を洗浄する治療等)が
必要になる事があります。そのような治療が必要な場合、最悪、大学病院等の大きい病院に
入院となる事があります。
ですので、そうなる前に抜歯しておく必要があるのです。

 

親知らずは特殊な場合を除いて抜歯になりやすい

 

図8 親知らずは抜歯になりやすい

以上のような理由から親知らずは抜歯が選ばれる場合が多いです。
勿論、良好な状態の親知らずであれば、そのまま物を咬むために使われたり、
特殊な治療に使われたり、矯正治療で活躍したり、全く活用方法がない訳ではありません。
ですが活用方法が難しく、また良好な状態というのがそもそも難しいので、
どうしても抜歯が選ばれるケースが多くなってしまいます。
何よりデメリットがメリットを大きく上回る可能性が高いのが、
親知らずです。
最悪の場合、入院や緊急の処置や手術が必要になってしまう事さえあります。
手遅れになる前に、まずは歯科医院でしっかりと診てもらいましょう。
当院では他院からの紹介の方、他院で抜歯を断られた方、
大学病院や他院での予約待ちの期間が長い為、抜歯目的に来院された方、
ご多忙で時間のない方も問題なく抜歯しております。
気になられた方は是非、当院へご相談下さい。